2019年度水産海洋学会研究発表大会

 
 
日 程:
2019年11月8日(金)〜10 日(日)
シンポジウム(8 日)
研究発表(口頭,ポスター),評議員会,宇田賞受賞記念講演(9 日)
研究発表(口頭,ポスター)(10 日)
会 場:
東北大学農学部・青葉山コモンズ
(〒980-8572 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1)
実行委員会:
東北区水産研究所・東北大院農
委員長 小倉未基
事務局長 片山知史
大会サイト:
https://sites.google.com/view/suisankaiyo2019
 
 
 
     
 
(注) 日本学術会議ニュース・メール最新号の掲載のお知らせは最新の掲載のみを表示します。
宇田賞(第25回)ならびに奨励賞(第10回)受賞候補者推薦のお願い
学会会長の所信
新体制の発足にあたって
水産海洋学会会長 山下 洋(京都大学)
第9回 日本海研究集会
人、環境にやさしい「海からの情報づくり」
〜ICT、IoT技術と地域の水産業・海洋環境〜
第49回北洋研究シンポジウム
−亜寒帯域における魚類の初期生活史研究と加入量予測の現状−
北西太平洋に迫り来る国際漁業資源管理の波
-NPFC(北太平洋漁業委員会)対応の現状と課題-
第第7回南九州水産海洋研究集会
サバ類資源について考える〜今後の資源動向を見越した有効利用の視点から〜
第第43回 「相模湾の環境保全と水産振興」シンポジウム
−新しい水産資源管理の方向と黒潮大蛇行にともなう相模湾の漁況との関わり−
第2019年度九州沖縄地区合同シンポジウム(予告)
「魚礁を取り巻く海洋環境と漁場整備技術」
第15回伊勢・三河湾の環境と漁業を考える
「近年見られた水産資源と海の変化 〜2014年に着目して〜」
過去のお知らせ
 
   
 
第83巻 3号目次 英語版はこちら
表紙の写真
左:気仙沼港におけるカツオの水揚(風景)。
(写真提供:谷津明彦)
下:宮城県石巻市の新北上川河口近くに位置する長面浦。山に囲まれた静穏な水域でマガキ養殖が盛んである。
(写真提供:金子健司)
右:2019年6月18日のNOAA/AVHRR表面水温画像。
これから本格的に道東沖〜東北沖に浮魚類の漁場が形成される。
資源状態が比較的良好なマイワシ, マサバなどの漁場形成が期待される一方、
今年は北上が非常に遅れているカツオや, 資源状態に不安のあるスルメイカやサンマなどの漁場形成が注目される。
(画像提供:一般社団法人漁業情報サービスセンター)
 
 

一般社団法人水産海洋学会の発足について

 
  2015年2月26日に一般社団法人水産海洋学会が設立され、2015年4月1日付で本学会は「一般社団法人水産海洋学会」に移行しました。

一般社団法人水産海洋学会の発足に伴う会長挨拶