一般社団法人水産海洋学会の発足について

 
 

2015年2月26日に一般社団法人水産海洋学会が設立され、2015年4月1日付で本学会は「一般社団法人水産海洋学会」に移行しました。

一般社団法人水産海洋学会の発足に伴う会長挨拶

 
 

2018年度研究発表大会

 
 
場 所:
東京大学柏キャンパス
期 間:
2018年11月16日(金)〜18日(日)
ホームページ:
http://lmr.aori.u-tokyo.ac.jp/jsfo2018/
日 程:
11月16日(金)シンポジウムおよびナイトセッション開催
11月17日(土)研究発表(口頭、ポスター)、評議員会、宇田賞受賞記念講演
11月18日(日)研究発表(口頭、ポスター)

  • 過去の研究発表大会の情報はこちら

 
 
 
     
 
(注) 日本学術会議ニュース・メール最新号の掲載のお知らせは最新の掲載のみを表示します。
  宇田賞(第24回)ならびに奨励賞(第9回)受賞候補者推薦のお願い  
過去のお知らせ
 
   
 
第82巻 3号目次 英語版はこちら
表紙の写真
左:2月に鹿島灘で漁獲されたマサバ。
 越冬期にあたるこの時期は、あまり餌を食べておらず痩せている個体が多い。
(写真提供者:多賀 真)
下:市場で流通するズワイガニ(雌)。
福井県では「セイコガニ」という名称で扱われる。
(写真提供者:森山 充)
右:GCOM-C(しきさい)のSGLIにより2018年2月27日に撮影された海面水温画像(検証中)。
2017年12月23日に打ち上げられたGCOM-Cは、現在データの検証を行なっており12月に一般公開となっている。SGLIは250mの高解像度で沿岸の水温およびクロロフィル濃度を同時に観測する。この図でも、黒潮反流縁辺の複雑な潮境、伊勢湾や大阪湾の湾内湾外の微細な水温分布を見ることができる。
(画像データ提供:JAXA/宇宙航空研究開発機構)