一般社団法人水産海洋学会の発足について

 
 

2015年2月26日に一般社団法人水産海洋学会が設立され、2015年4月1日付で本学会は「一般社団法人水産海洋学会」に移行しました。

一般社団法人水産海洋学会の発足に伴う会長挨拶

 
 

2017年度水産海洋学会研究発表大会

 
  2017年度水産海洋学会研究発表大会
日 程:
2017年11月16日(木)〜19日(日)
サテライトシンポジウム(第18回広島湾研究集会)(16日)
口頭発表(18-19日)
宇田賞受賞記念講演会(18日)、シンポジウム(17日)
場 所:
広島市西区民文化センター(広島市)
担当機関:
瀬戸内海区水産研究所ほか広島地区関係機関
大会委員長:
生田和正 事務局長:日向野純也

2017年度水産海洋学会研究発表大会ウェブサイト

 
 
 
     
 
(注) 日本学術会議ニュース・メール最新号の掲載のお知らせは最新の掲載のみを表示します。
  平成30年度東京大学大気海洋研究所共同利用公募について  
  東北大学農学研究科・生物海洋学分野教授の公募の案内  
  ブルーアースサイエンス・テク発表課題募集  
過去のお知らせ
 
   
 
第81巻 3号目次 英語版はこちら
表紙の写真
左:三河湾奥部で採集されたクルマエビなどのサンプル。
クルマエビは体長約100mm。貧酸素化する前の湾奥部はクルマエビやイシガレイ等若齢個体の重要な成育場となっている。
(写真提供:曽根亮太)
下:様々な魚類の耳石写真。
(写真提供:出本紀子・白井厚太朗)
右:2017年7月11日のNOAA/AVHRR東北海域表面水温図。
親潮系冷水の南下が強い傾向で推移していたが、気象の影響もあって東北海域は平年比で高めの海域も見られるようになっている。
東北海域はこれからイワシ・サバ類、カツオ・マグロ類、サンマ、スルメイカなどの漁業が本格的にスタートする。
特にサンマ、スルメイカは昨年の不漁が記憶に新しいことから、今後の漁模様は注目である。
(画像提供:一般社団法人漁業情報サービスセンター)