一般社団法人水産海洋学会の発足について

 
 

2015年2月26日に一般社団法人水産海洋学会が設立され、2015年4月1日付で本学会は「一般社団法人水産海洋学会」に移行しました。

一般社団法人水産海洋学会の発足に伴う会長挨拶

 
 

2017年度水産海洋学会研究発表大会

 
  2017年度水産海洋学会研究発表大会
日 程:
2017年11月16日(木)〜19日(日)
サテライトシンポジウム(第18回広島湾研究集会)(16日)
口頭発表(18-19日)
宇田賞受賞記念講演会(18日)、シンポジウム(17日)
場 所:
広島市西区民文化センター(広島市)
担当機関:
瀬戸内海区水産研究所ほか広島地区関係機関
大会委員長:
生田和正 事務局長:日向野純也

2017年度水産海洋学会研究発表大会ウェブサイト

 
 
 
     
 
(注) 日本学術会議ニュース・メール最新号の掲載のお知らせは最新の掲載のみを表示します。
  2018年度水産海洋シンポジウム「データ高回収率を実現するバイオロギング・システムの構築−魚類の個体群・群集ダイナミクス解明に挑む−」の案内  
  第33回北方国際シンポジウム「オホーツク海と流氷」2018の案内  
  東京大学大気海洋研究所海洋生物資源部門 公募のお知らせ  
  第34回沿岸環境関連学会連絡協議会ジョイントシンポジウム  
過去のお知らせ
 
   
 
第81巻 4号目次 英語版はこちら
表紙の写真
左:大阪府の底びき網で漁獲されたイヌノシタ。大阪ではイヌノシタを「アカシタ」と呼び、アカシタビラメを「アオシタ」と呼んでいる。
(写真提供:大美博昭)
下:2017年5月に厚岸港に水揚げされたマイワシ。近年のマイワシ資源の増加に伴い道東でも漁獲量が急増している。今年の道東産マイワシは脂が乗っており美味である。
(写真提供:谷津明彦)
右:2017年9月22日のNOAA/AVHRR表面水温
道東は9月上旬の台風通過で大幅に水温が低下、それ以降、平年偏差も低いままで推移している。
今年はサンマの不漁が続いており、まとまった漁場の形成が待望されている。
(画像提供:一般社団法人漁業情報サービースセンター)