一般社団法人水産海洋学会の発足について

 
 

2015年2月26日に一般社団法人水産海洋学会が設立され、2015年4月1日付で本学会は「一般社団法人水産海洋学会」に移行しました。

一般社団法人水産海洋学会の発足に伴う会長挨拶

 
 

2017年度水産海洋学会研究発表大会

 
  2017年度水産海洋学会研究発表大会
日 程:
2017年11月16日(木)〜19日(日)
サテライトシンポジウム(第18回広島湾研究集会)(16日)
口頭発表(18-19日)
宇田賞受賞記念講演会(18日)、シンポジウム(17日)
場 所:
広島市西区民文化センター(広島市)
担当機関:
瀬戸内海区水産研究所ほか広島地区関係機関
大会委員長:
生田和正 事務局長:日向野純也
 
 
 
     
 
(注) 日本学術会議ニュース・メール最新号の掲載のお知らせは最新の掲載のみを表示します。
  岩手県より平成29年度岩手県三陸海域研究論文知事表彰事業の案内  
  一般社団法人水産海洋学会規則集を2017年3月22日改訂版に更新  
  学会誌の投稿について投稿規定と原稿の書き方を更新  
  OTO'18実行委員会事務局よりOCEANS'18 MTS/IEEE Kobe / Techno-Ocean 2018開催の案内  
過去のお知らせ
 
   
 
第81巻 2号目次 英語版はこちら
表紙の写真
左:宇和海で漁獲されたマアジ稚魚.
宇和海沿岸の水産関係者から「スーパーゼンゴ」と呼ばれている.唐揚げ用の原料として高く評価されており、高価格で取引される.
(写真提供:橋田大輔)
下:伊勢湾松阪地区の河口干潟で採集されたアサリ稚貝(殻長約 1 cm).
(写真提供:羽生和弘)
右:2017年5月9日のNOAA/AVHRRによる日本周辺の表面水温図.
晴天のため親潮・混合域の広範囲を詳細に見ることができる.
2月以降、親潮の強勢が顕著となり、襟裳沖の暖水塊が南下した.
これから夏に向けて、カツオやサバなどの多くの魚の漁場がこの海域に形成されることとなるが、特徴的な最近の水塊配置がどのように影響するか注目される.
(画像提供:一般財団法人漁業情報サービスセンター)