一般社団法人水産海洋学会の発足について

 
 

2015年2月26日に一般社団法人水産海洋学会が設立され、2015年4月1日付で本学会は「一般社団法人水産海洋学会」に移行しました。

一般社団法人水産海洋学会の発足に伴う会長挨拶

 
 

2016年度水産海洋学会研究発表大会

 
  2016年度水産海洋学会研究発表大会
日 程:
2016年11月25日(金)〜27日(日)
場 所:
東京海洋大学品川キャンパス
プログラム:
研究発表大会ホームページ
 
 
 
     
 
(注) 日本学術会議ニュース・メール最新号の掲載のお知らせは最新の掲載のみを表示します。
  2016年度水産海洋学会研究発表大会の情報掲載  
  2016年度水産海洋学会研究発表大会シンポジウムの情報掲載  
  2016年度九州沖縄地区合同シンポジウム「九州沖縄地区における現場海洋観測と その連携研究」開催案内 (2016/12/09)  
  第6回日本海研究集会−沿岸域の海況情報とその活用法−開催案内 (2016/11/09)  
  第4回南九州水産海洋研究集会「ブリ資源について考える〜資源研究と漁業の視点から〜」開催案内 (2016/10/25)  
  第40回「相模湾の環境保全と水産振興」シンポジウム−自然災害と相模湾漁業の 持続的発展について−開催案内(2016/10/18)  
  ジャパン・インターナショナル・シーフードショーの案内  
  東京大学大気海洋研究所より環境動態分野助教の公募の案内  
過去のお知らせ
 
   
 
第80巻 2号目次 英語版はこちら
表紙の写真
左:瀬戸内海中央部・燧灘で漁獲されたヒラ。国内で漁獲されるニシン目魚類の中では最も大きくなる。小骨が多いが身は美味で、岡山県では古くから珍重されている。(写真提供:益井敏光)
下:卵稚仔調査標本.漁獲変動の著しいシラス漁業の短期予測のために,イワシ類の卵稚仔量を評価する。(写真提供:長谷川雅俊)
右:2016年5月6日のNOAA/AVHRR日本周辺表面水温画像黒潮の蛇行、三陸沖の暖水塊、対馬暖流の蛇行などがクリアに見られる。日本周辺海域では、マイワシやマサバ資源が復活しつつあり、漁業関係者が期待を寄せている。一方で、サンマ資源、カツオ資源などは不安定な状況で、関係者も注意深く推移を見守っている。夏に向けて各魚種の漁獲動向、海況などの水塊配置が注目される。(画像提供:漁業情報サービスセンター)