2018年度研究発表大会

 
 
場 所:
東京大学柏キャンパス
期 間:
2018年11月16日(金)〜18日(日)
ホームページ:
http://lmr.aori.u-tokyo.ac.jp/jsfo2018/
日 程:
11月16日(金)シンポジウムおよびナイトセッション開催
11月17日(土)研究発表(口頭、ポスター)、評議員会、宇田賞受賞記念講演
11月18日(日)研究発表(口頭、ポスター)

  • 過去の研究発表大会の情報はこちら

 
 
 
     
 
(注) 日本学術会議ニュース・メール最新号の掲載のお知らせは最新の掲載のみを表示します。
  広島大学生物圏科学研究科の教員の公募の案内  
過去のお知らせ
 
   
 
第82巻 4号目次 英語版はこちら
表紙の写真
左:気仙沼港におけるカツオの水揚風景。漁艙からは数本ずつ尾柄部をつかんで取り出し、ベルトコンベア上で各銘柄に選別する。
(写真提供者:谷津明彦)
下:常磐南部海域の底曳網で漁獲された初春のマアジ。この日の漁場周辺の海面水温は約12℃。苛酷な環境のためか脂は少なく,商品価値はいまいち。
(写真提供者:多賀 真)
右:2018年9月18日のNOAA/AVHHR 表面水温
道東はサンマ漁が本格化している。昨年は記録的な不漁であったが、今年は一転して好調に推移している。
水塊配置などから今後の道東の漁場形成が注目される。 一方、日本海側ではスルメイカ漁が続いているが、こちらは昨年に続き低調な漁が続いている。漁場も大きく北偏している。今後の漁場の南下や大和堆付近での漁模様が注目される。
(画像提供:一般社団法人漁業情報サービスセンター)
 
 

一般社団法人水産海洋学会の発足について

 
  2015年2月26日に一般社団法人水産海洋学会が設立され、2015年4月1日付で本学会は「一般社団法人水産海洋学会」に移行しました。

一般社団法人水産海洋学会の発足に伴う会長挨拶